TOPページ > 販売促進支援 > MUDの取り組み
文字の大きさ|大文字の大きさ|中文字の大きさ|小


文字の大きさ|大 文字の大きさ|中 文字の大きさ|小
MUD(メディアユニバーサルデザイン)とは?
 社会は様々な情報の伝達手段に溢れています。しかし、デザインや文字の大きさ、書体、色使い等に配慮されていないものが多く、高齢者や色覚障がい者の方等は情報が読み取れずに不便を感じている人が増えています。

 日本は超高齢化社会となり高齢者はますます増えていきます。白内障や弱視などの人は、小さな文字は読みづらく、書体によってはつぶれたり、細い部分は見づらくなります。また、一般の人と色の感じ方が違う人には、色使いなどに配慮されていない情報伝達手段では、伝えたい情報が伝わらない場合があります。この様に情報伝達に不便を感じる人は、日本国内に約500万人以上いると考えられます。

 わたしたちユニカラーでは、「やさしいデザイン」をスローガンに掲げ、老若男女といった差異や個人のそれぞれの感じ方の如何を問わず利用する方々の側に立ち、必要とされる情報を分かりやすく伝えることを目的とし、文字と色を専門に取り扱う印刷業界として、「デザイン」「文字の使い方」「色の使い方」などに様々な配慮や工夫を加えることで、一般の人はもちろん高齢者・障がい者・色覚障がい者など、誰もが使いやすくより見やすい印刷物を中心とする様々なメディアを提供し、より良い社会環境づくりに貢献しようと考えています。

人によって見え方が違います。
 人間の目の網膜には明暗を感じる「杆体」と色を感じる「錐体」という2種類の視細胞があり、さらに錐体には赤、緑、青に反応する3種類があります。これら錐体の有無や感度の違い・ずれなどによって色の感じ方に違いが出ます各色覚でそれぞれの色の見え方が違うため、各色覚でも違和感なく見える配色を施してあります。

一般色覚者の色の見え方 赤・青・緑の色が認識出来る人
P型色覚者の色の見え方 赤の色がはっきり認識出来ない人
D型色覚者の色の見え方 緑の色がはっきり認識できない人
T型色覚者の色の見え方 青の色がはっきり認識できない人

一般色覚者の色の見え方 P型色覚者の色の見え方
一般の色覚者が普通に判別できる色使いでも他の色覚者には判別しにくい組み合わせがあります。このような配色だと内容が明確につたわりません。
   
文字に白フチをつけて文字を判別しやすくした配色。これなら全ての色覚者が判別する事ができます。